ホーム > 廃棄物燃料
株式会社西原商事は地域社会との融和を図るための廃棄物対策を提案いたします
CPF事業
廃棄物から固形燃料を作っています
CPF事業
【CPF】  Cube Plastic Fuel
 ビニールごみを破砕・圧縮加工しただけのもの
 主にセメント会社や製鉄所で、石油や石炭の代替え
 燃料として利用される。


【RPF】  Refuse Paper&Plastic Fuel
       紙とプラスチックを混合したペレット状の固形燃料

【RDF】  Refuse Derived Fuel
       一般可燃物をペレット状に加工した固形燃料
ゴミの減量化、化石燃料の消費抑制
  温室効果ガス削減に貢献しています
CPFフロー1
セメント会社・製鉄会社
【CPFの取り組み】
 ビニールごみの分別指導から専用容器の設置に至
るまで弊社が責任をもって行います。
 原料となるビニールごみは産業廃棄物として取り
扱います。(分類:廃プラスチック類)

 廃棄物の減量化と経費削減に大きく貢献します。